• 自治体向け睡眠調査・実証・啓発事業

    国が掲げる健康寿命延伸や予防医療促進の観点から、広く住民の睡眠改善を啓発する取り組みは、自治体にとっても重要なテーマです。

    さらに睡眠改善取り組みを啓発することは、生活習慣の改善にもつながり、メタボ等の予防取り組みにもつながります。

    事業内容

    本事業では、住民の睡眠課題要因調査や改善方法の分析に関わるプロジェクトの委託を受け、スマートデバイスを用いて睡眠時間や睡眠の質等を計測し、睡眠満足度が低くなっている要因や改善方法を分析するための実態調査等を行っていきます。
    内容に応じた設計を行うため、お問い合わせ後に詳細についてはご案内させていただきます。

     

    委託費用目安:300万円~(100名規模を想定)

  • 実績

     

    富山県「とやま快眠習慣サポート事業」に採択

    富山県は、睡眠時間は全国平均並みである一方、睡眠満足度が全国で最も低いという調査結果があり、県民のメタボリックシンドロームにつながっている可能性があることから、「とやま快眠習慣サポート事業」に取り組んでいます。

    この事業は企業の従業員等を対象に、睡眠計測デバイスを使って睡眠時間や睡眠の質等を計測し、睡眠満足度が低くなっている要因や改善方法を分析するための実態調査を実施するもので、調査の委託を当社が受けました。

    調査は2020年9月から2021年3月まで実施され、富山県の睡眠傾向の分析や、その改善方法について富山県に報告しました。詳しく見る>

    女性がん罹患者のQOL向上応援プロジェクト実施

    共同実施事業者:ヒューマノーム研究所、リサ・サーナ

    デジタルデバイスから得た日常生活データの人工知能(AI)による解析結果を活用した、女性がん罹患者のQOL向上応援プロジェクトを実施しました。

    がん治療期間は心身の疲労によって睡眠に悩みを抱える方が多いことを踏まえ、睡眠データ解析担当として、睡眠課題の解決実績と専門知見を多数有するニューロスペースが参画しました。詳しく見る>

    湯野浜ヒューマノームラボプロジェクト
    共同実施事業者:ヒューマノーム研究所

    経済産業省「平成30年度健康寿命延伸産業創出推進事業(産学連携・データ駆動型のイノベーション創出基盤構築事業)」の補助を得て実施された湯野浜ヒューマノームラボプロジェクトにて、山形県鶴岡市にある温泉街・湯野浜で働く方々にご協力いただき、睡眠データの計測と解析を担当しました。

    詳しく見る>

    すべての投稿
    ×