中山暁登
エンジニア

中山暁登

小さい頃からゲームが好きで、初めてやったゲームはスーパーマリオワールド。当時4歳。

小学生の時にパソコンをゲーム機として触れるようになり、その流れでインターネットに興味をもつ。

高校受験時に情報処理についてもっと学びたいと考え情報処理科に進学し、プログラミングについて学ぶ。資格試験や全国高等学校情報処理競技大会を通じてプログラミングの楽しさを感じるようになる。その後情報系の専門学校に入学し、卒業制作の副賞でハワイ旅行を獲得。

卒業後は週5でボルダリングをしながらITコンサルタントやWEB開発を経験。その中で、より生活に密接するサービスに関わって開発をしたいと考えるようになり、転職活動を開始。睡眠という身近な題材を扱うところに惹かれ、2020年にニューロスペースに参画。

現在はバックエンドを中心にのびのびと開発中。